02 3月 2017

ゲンリフ・サプギールの詩

声、声

ほらあそこで人が殺された
ほらあそこで人が殺された
ほらあそこで人が殺された
下の方で 人が殺された

行ってみようぜ、そいつを見てみよう
行ってみようぜ、そいつを見てみよう
行ってみようぜ、そいつを見てみよう
行こうぜ。そいつを見てみよう

死人だぜ—死人みたいな恰好してさ
いやあいつは寝てるんじゃないか、死人みたいに飲みやがってさ!
そうだな、死んでない、けど死人みたいな成りでさ…
なにが死人だよ、死人みたいに酔っぱらっただけだろ—

ゲロまみれで寝てるぜ…
ゲロまみれで寝てるぜ…
ゲロまみれで寝てるぜ…
...........................................

手と足を持ってくれ
手と足を持ってくれ
手と足を持ってくれ
手と足を持ってくれ

こいつを中庭に運んでいけ
こいつを中庭に引きずっていけ
そいつを中庭に放り出せ!
そいつを中庭に追い出せ!—

そしたら入口の扉を閉めろ
もっとしっかり扉を閉めてくれ!
すばやく扉を閉めてくれ!
錠をぜんぶ下して扉を閉めてくれ!

やつはどうだ、喚いてるか、黙ってるか?
やつはどうだ、喚いてるか、黙ってるか?
やつはどうだ、喚いてるか、黙ってるか?
やつはどうだ? 喚いてるのか、黙ってるのか?…



      入口のランプがチカチカしてるぞ!

独りぼっち

そこ 床のうえに 倉庫の棚のうえに
屋根用の厚紙、釘と ―いったい誰に必要なのか―
シャベル、のこぎり、斧、
ハンマー、つるはし、それからバール。

瓶とコップを 樽の上に!
ウォトカを飲む もの言わず 独りぼっちで。
シャベル、のこぎり、斧、
ハンマー、つるはし、それからバール。

眼鏡は額に。見えづらそうに
目を凝らす。妻だって? 昔はいたっけな。
シャベル、のこぎり、斧、
ハンマー、つるはし、それからバール。

目を凝らす―目が細くなる
歪んだ歯が剥き出しになる
シャベル、のこぎり、斧、
ハンマー、つるはし、それからバール。

とつぜん工具が2倍に増えた…
すべてが跳ねてぐるぐる回る:
シャベル、のこぎり、斧、
ハンマー、つるはし、それからバール。

もういい!たくさんだ!うんざりした。
おとなしく横になってろ。頃合いを待て。
シャベル、のこぎり、斧、
ハンマー、つるはし、それからバール。

起き上がった。納屋から出る。
錠前を掛け、扉を閉じる
シャベル、のこぎり、斧、
ハンマー、つるはし、それからバール。

月。森。巨大な建築現場。
バラック。老いぼれは寝台で寝いる。
シャベル…のこぎり…斧…
ハンマー…つるはし…それからバール…




知らないものが 知った様子で
そっと触れた。気だるさが
戦慄が 熱狂が
罪の意識が
何らかの機関が。

廊下は
殺風景だ。
執務室は
ぜんぶ
開け放してある。
女は部屋に入るが
誰もいない。
寄木細工の床。
境目の向こうへ
そして空虚へと飛びたつ。
大気のなか肉体が滅んでゆく。
あ、あ、あ!
接吻したのは
やわらかい卵形の
お腹。
あ、あ、あ!

地下ホールで遠く反響する。
眠っている、座っている、駅にいるように
人びとが。
隣の人は包帯でぐるぐる巻き。
顔に巻かれた包帯は、白いフレームのよう
怖いほど彼女を知っている。
注意深いまなざしが見つめている!

耳のなかで金属の音がする
口のなかは金属の味が…
あ、あ、あ!
彼女は飛びたった。
大気のなか肉体が滅んでゆき
雲が広がる。
遠くの方から:
あ、あ、あ!

しずかだ。
暗闇。
心臓の鼓動。
とつぜん
貪欲な聴覚が聞きつける:
地下深く 玄関で
ざわめく音。
急な階段には
足音が。
闇にまぎれて近づいてくる
足音が
大きくなる 敵のような
足音。
ほら歩調が乱れた 確信がなくなった―
闇のなかで足音たちは扉を探し求めている。
扉が開け放たれた:誰もいない―
霧、そして雲の繊維―
空っぽだ-あ!―

(機関には100の扉
罪をつくりだすこと
フレームのように 顔は包帯でぐるぐる巻き
雲のうえを飛んでゆくこと…)

あ、あ!

ベッドが壊れる
ベッドが壊れる
ベッドが壊れる
ベッドが壊れる!



未来の戦争

ドーン!
...
...............................................
...........................................
.........
......
................................
.......................
...........................
.........
.......
...
......
....
...
...
....................
.....................
...................
...............
............
.........................................
.........................
無事か!?!



ナイフをどけて、どけてください…
あいつはいい人間だよ、いいやつだが…
たった一つの欠陥は、頭に穴があることだな…
出撃だ、野郎ども
バンザーイ
ワーシャ?
え?
叫ばないでよ
いびきもやめて。
寝ろよ…
かわいいね、愛してるよ
きみのすべてを…。
やめて、放してよ、もういいわ…
よくない!
よくない、よくない、よくないだろ!
ヴェーラ、イーラ、リーダ、アーダ…
弾が弾けて角(ウーゴル)に―
ゴール!
みんな、空に昇れ!
蛙のような女め…
お願いだ、ゆるしてくれ。
愛してるよ…
無限からなる根は
ゼロに等しい…
いびきをやめて またいびきしてる!
寝ろよ。
寝たの?


*Сапгир, Генрих Вениаминович (1928-1999). Из сборника стихотворений «Голоса» (1993).



26 2月 2017

Zineを出版しました


このたび、コレクティヴ「ゆめみるけんり」の一員としてzineを出版しました。私は、ロシアの思想家ニコライ・フョードロフのエッセイ(附・解説)と、アレクサンドル・ブロークの詩を訳しています。

まずは、Kindle Storeにて電子書籍版を販売しています。100円です。
こちらからご覧ください。立ち読みもできます。☞http://amzn.asia/5gSfZkJ

紙版も出版準備中です。詳細については、「ゆめみるけんり」ブログ☞https://droitdeyumemir.blogspot.jpをご覧ください。

12 2月 2017

NER:新しい居住エレメント

noteに新しい記事を公開しました。
雪解け期ソ連の都市計画プロジェクトNER(НЭР=Новый Элемент Расселения、New Element of Habitation)に関するエッセイの翻訳です。


NERグループのプロジェクトは、消費に依らないポスト工業化社会[原語では消費社会の対義語としてのポスト工業化「非-消費社会」]のための、ソ連全土規模の、そしてより広くは惑星規模の居住システムを提起する試みである。この意味でNERは、現代ロシアの都市計画(アーバニズム)に対してはもちろん、消費文化と個人所有といった根底部分に対してめったに疑問を呈することのない世界的な主流に対しても十分にラディカルなオルタナティヴである。NERグループは、「各々みなに属する世界、ロジックとひとに対する敬意に満たされた世界」(『NER』、116頁)をつくることを可能にするような居住構造を見出すことをその課題としていた。NERメンバーは考察を進めるなかで、個人の土地所有というレアリヤに制限を受けることなく、「限定された」大きさの「均一な」住居のネットワークをつくることを提起し、そこでは居住者が10万人以内で、可能性の「平等」が最大限に保証されるとした。NERメンバーは、まさにこのように共産主義の根底的長所をとらえていたのである。


続きは

02 2月 2017

レフ・ルビンシュテインの詩

『AUTOCODEX-74』(1974)より「3つのコンポジション」

コンポジション-1

1. 本質的思考の気ぜわしい徴
2. 本質的疑念の大いなる複数性
3. 本質的意義の不正確な解釈
4. 生者の内に残った途方に暮れる人影
5. 遠方の胸騒ぎの凍ったままの稜線
6. 偽りの賢さの不快な色調
7. 産出する印の不定的可能性
8. 雷雨の頃に遺された恵み
9. 晩の悲しみのあたたかな接触
10. 花咲ける歳月の花咲ける遺産
11. 極限的思考なる過酷な労働
12. 人けない説教にひどく歯の浮く
13. 歯抜けの老年への病的な恐怖
14. 他人のことに厚顔無恥にも鼻を突っ込むことの具体的理由
15. 懲罰のないまま偽証する奴らのいる環境下において法の外で存在することの必然的災厄
16. 出口のない状況といういつもの状態
17. 気の狂った歳月の失われゆく慰み
18. 計り知れぬ歓喜の薔薇色の色調
19. 大いなる可能性の大いなる複数性
20. 本質的思考に忠実な方向性


21. 多様な活動の知られざる帰結


コンポジション-2

1. 夢うつつでの飛行はみじめだ
2. 真理のタッチは甘美だ
3. ことばの隠れ家へ帰ることは3重にも甘美だ
4. 内部に向けられる眼差しは断固たるものだ
5. 予知能力の徴は川の力のなかでは辛うじて判別される
6. 道は打ち明けられない- - -
7. 昔の興味は忘れられた
8. 懲罰のないまま偽証する奴らのいる環境下で存在することは、不法だ
9. ワイングラスにワインは満たされていない
10. 草に注意を払うことは楽しい
11. 面白いことは楽しい
12. 現実での飛行はみじめだ
13. 不当な判断は不快だ
14. 正当な瞬間はよいものだ
15. 容認しがたいものはよくない
16. 現実での飛行はみじめだ
17. よく照らされた中での観照の対象物は不思議だ
18. 提起されるモデルの普遍性を求めるある人の要求は恐ろしい
19. コミュニケーションの多様化なあり方の再生に対して多くの人が準備できていないことはひどいことだ
20. 晩は今でも退屈だ
21. 現実の出来事によって紀念される一日は大いなるものだ
22. 現実での飛行はみじめだ
23. ロマンチックな気分になった政治家の道はもの悲しげだ
24. 都市環境における雪は孤独だ
25. 4年ごとにうるう年がある


コンポジション-3

1. 歌いましょう


2. 息を吐いて吸いこみましょう、名づけの全き権利によって


3. 歌いましょう


4. さまざまな場所に身を置いてみましょう
5. 息を吐いて吸いこみましょう、肉体的親睦の再び多産される自然力によって
6. さまざまな状況に身を置いてみましょう
7. 息を吐いて吸ってみましょう
8. よい頃合いで停まってみましょう
9. 歌いましょう


10. そう行動すべきように行動しましょう

11. 最終的な帰結を避けましょう
12. お互いに喜びあいましょう
13. お互いのことを悲しみあいましょう
14. それぞれの功績に応じて報奨を与えましょう
15. 組み立てられた空白を満たしましょう


16. 悲しみましょう、謳い讃えましょう、そして泣きましょう、むかし熱情の緊密さであって今は消え失せ弱くなってしまったそれのために
17. 報酬を受け取るべき人に報酬を与えましょう
18. 無から生じましょう
19. 運動を先導しましょう


20. 悲しみましょう、謳い讃えましょう、そして泣きましょう、期待の仮面の下に隠された、全般的賛同の深淵を前にした現在の悲哀のために


21. ある共通の瞬間たちを再生しましょう


22. シーンを再生しましょう:
             全般的同意の、
             期待の、
             現在の、
             未来の、
             もの言わぬ非難の、
             抑えがたい歓喜の、
             エロティックな誘導の、
             死んでしまいそうな憂いの、
             清廉潔白な参加の、
             魅惑的な幸福の、
             田舎の火事の、
             馬上の小旅行を、
             中産階級の日常を、
             全般的賛同の、
             期待の、
             その他なんでも、

23. 悲しみましょう謳い讃えましょうそして泣きましょう
24. 歌いましょう
25. できることをすべてやりましょう
26. 約束の時の暗示する力に場所を譲りましょう
27. ある物ごとについて申し合わせましょう
28. 息を吐き吸いこみましょう
29. よい頃合いで停まりましょう
30. 歌いましょう


31. そう行動すべきように行動しましょう


*Лев Рубинштейн (1947-)



08 1月 2017

ヴィクトル・クリヴーリンの詩

ロシヤのイデヤ

灰色の雪のなか死んだ木々
それから2羽の孤独なカラス…
ロシヤのイデヤ、たぶん敵にさえ
平等でオープンな
刈りそろえられた刑罰の丘 そんなことをできる限り
意識に染み渡らせる
ロシヤのイデヤは頭のなかにあるものでも
何らかの精神的な領域にあるのでもない
それはここにある、顕現している、果てなき茂みにある
魂との危険な隣りあわせだ
魂の境界がどこにあるのか
どこまで己でどこまで他なのか、魂は知らない。

1月9日の庭

ここは埃まみれの庭、印が捺された
書類に似ている 庭は
こんなにも悲しげで... おれは出てゆく。通り抜けてゆこう
錆びた柵に沿って 
いつだったか5ヶ年計画のある年に
なぜかしら冬宮から
労働者村へ ペテルブルグから
レニングラードの心臓部へ 移されて
この柵はこんなレベルの貧窮と
荒廃にまで至ってしまった
瞬く間に過ぎ去るヴィジョンのように
清らな美しさそのもののように
隣に工場の空気が寄り添っていたので。

よい刻にテレビが点いて

黄昏れて。カラスが一声カァと
別れを告げる。そして静まりかえる。それで今は
気体のドアがため息を吐き
トラムの車輌は隠されている
林の木々のあいだに。すべての
郊外へ向かう道路からたったの一人も
無傷では帰ってくるまい!左からくるこの
寝室でさえも… 昏くなった。おれにはむずむずするような
静寂がもっとよく聞こえる。不意の、燃えるような…
いいタイミングでテレビが点いたものだ!
そうだ、その声は救いだ、眠りのように
何千回も繰り返された眠り。 

時間のフルート

通りすがりの者が後悔するのは
生きとおした時間ではなく 眼もくれずやり過ごした時間のこと
音楽は静寂(しじま)に似ているが
静寂の心臓は 悲しみにも打ち負かされない

はっきりしない平坦な 足音のざわめきにも…
雑草生い繁る広場の上に、
近衛宮殿がすっくと立つ
気狂いフルートがこだまする。

山羊に似た軍隊が走りゆく。
ほら、准尉のマルシュアースが
  ぴょんぴょん跳んで笛を吹く
ほら、音楽だ。息抜きじゃない、息切れさ
ほら、擦り切れた毛皮。旗のひらめき
  のなかに!

通りすがりの人が、軍人じゃないのに
パレードの傍に忍び込む…
だが音楽は 静寂(しじま)に満たされ
凝固した琥珀のなかの虫のように

脆いうごめきをあたかも保っているかのよう
身動きは奪われているのではあるけれど…
通りがかりのものに ベルトと刻を
こっちでは貴なるフルートが飛び去ってゆく!

ほとんどあの世から聞こえてくるような
その叫び刺々しく耳を貫く
その叫びは蝶と蠅の音なき海のなか
縦列を組む新兵の
  一群のなかで

満ち咽び 咽び満ちる…
そして音楽の苔むした黒い幹が
棘となって通りがかりのものの内に入りこんでしまった
メロディといううごめく蛇に巻きつかれたまま。

(1972)


Виктор Кривулин. (1944-2001)


31 12月 2016

ロシア現代美術まとめ

今年自分に課したテーマ[①コスミズム界隈の地図を把握すること(ロシア思想の概略をさらうこと)。②ソ連崩壊前後(80-90年代)のアート、思想、音楽界隈の地図をつくること。③現代詩人リストの更新、訳の継続。]のうち、この記事では②についてさらっておこうと思います(ただし主に美術について)。

これに関しては自分一人ではとてもかなわなかった。10月頃だったかと思いますが、「鉄のカーテンの時代の反社会的なソビエトアート」というレクチャーシリーズの存在を知りました(確かtwitter上で本郷のMitteさんがリツイートしてくださっていたのだと思います)。7月に第一回があったようで、毎月第四木曜日に開催されています。講師はNadia Kozulinaさん、東京在住のグラフィックデザイナーの方です。私は11月の第5回に初めて参加することができましたが、内容と雰囲気を含めトータルで素晴らしかったので、毎回参加しようと心に決めました。

社会に出ながらどうやってロシアとつながり続けていられるだろう? という問いを自分に課しながらいろいろな形で試行を、この1年間やってきました。そのなかで一つのヴァリアントとして思いついたのが、「大学をもう一度やる(いま、ここで)」という発想です。正直、いまの制度としての大学には希望を見出せません。特に人文学は大学の中で肩身の狭い思いをすることを強いられている。そんな状況の中で自由な学問などあり得るべくもありません。そういった形で現れてくる大学の危機と、私自身のロシアとつながっていたい(そのための勉強を続けたい)という欲望が、「新しい大学」というひとつの妥協点を見つけたのだろうと思います。

ジャック・デリダは『条件なき大学』という本のなかで条件なく生じる、別の仕方であるような大学について語っています。「条件なき大学は、当の無条件性が告げられうるいたるところで生じ=場をもち、自らの場を求めるのです。この無条件性が、おそらく、(自らを)思考をうながすところならどこにでも」。デリダの考える大学は流動的で、開放的です。我々が大学に入る、のではなく、我々から大学が生まれる、または我々が大学である。荻窪からも上石神井駅からも遠いスペース「あなたの公-差-転」でこの「ソビエトアート」のレクチャーが開かれていますが、11月に初めて参加したときに、わたしは「これが、あの条件なき大学の場だ」と思いました。大学は終わってしまいつつある。それならば、もう一度自分たちではじめればいい。このレクチャーシリーズは、こういう考え方の上でも大きなインスピレーションをもらうことができる場です。そこでは参加者はみな床に座り、お菓子やお茶などを飲みながら、時に質問を投げかけつつ、時にくっちゃべりながら、講師の話を聞く。そこにはヒエラルキーが存在せず、ただただ自由な雰囲気があります。こうした開放的な相互コミュニケーションのある空気のなか、行われる勉強は、理想的なものに思えます。これは「大学」だ、そう私は思います。制度の以前の、学ぶことへの純な喜びが担保する場としての大学。

それはさておき、以下に今後どんどん更新する形で、アーティストのリスト・レクチャーメモ等をアップしていきたいと思います。
ロシア語での人名表記の後につけた★をクリックすると、参考画像を見ることができます。

投稿:2016年12月31日
最終更新日:2017年3月23日

※スペース「あなたの公-差-転」(杉並区善福寺)のHPはこちら→http://kosaten.org。レクチャーシリーズ「鉄のカーテンの時代の反社会的なソビエトアート」は全12回の予定。基本的には毎月第四木曜日の19:30から開催されるが、詳細はHPで要確認。
これまで/今後のレクチャー日程については、http://kosaten.org/sovietart/を参照してください。

30 12月 2016

ロシア思想2016

公開日:2016年12月30日
最終更新日:2017年3月24日

今年やりたかった勉強が3つあって、それは10月10日にツイートしているとおり→①コスミズム界隈の地図を把握すること(ロシア思想の概略をさらうこと)。②ソ連崩壊前後(80-90年代)のアート、思想、音楽界隈の地図をつくること。③現代詩人リストの更新、訳の継続。 というこの3つです。ここ半年はだいたいこの3つの目標に沿って、自分で自分に対して大学をやっていたのでしたが、今回はそのうち①ロシア思想のまとめ的なところの読書を総括するためにこの記事を書くことにします。